メディポリス医学研究財団は鹿児島県に九州で初めてがん粒子線(陽子線)治療研究センターを開設しました。

  日本語 | English | 中文 | ???

Powered?by
Google
〒891-0304 鹿児島県指宿市東方4423番地  事務局TEL(0993)24-3711
トップページ
お知らせ
プレスリリース
理事長挨拶
役員紹介
理念・概要
沿革・予定
メディア掲載
求人・採用情報
交通案内
お問合せ
一般財団法人メディポリス医学研究財団は、がんや血管病変による慢性疾患の診断および治療に関する研究、ならびに予防医学やこころのケア等に関する実践的な研究を行い、国民の医療向上と健康増進に貢献することを目的に設立された財団法人です。

南国のおおらかな自然が息づく指宿市に、東京ドーム77個分という壮大な規模の敷地を有し、「南九州から世界に向けて“光”を放つ医療」を基本コンセプトに産学官が協働体制で取り組んでいるプロジェクトが『メディポリス指宿』構想です。
メディポリス国際陽子線治療センターでは最先端のがん治療が行われており、隣接する長期滞在型リゾートホテルには、温泉スパ施設、運動施設、さらに森林遊歩道などが整備されており、統合的・ホリスティックな健康増進サービスが提供されます。

一般財団法人メディポリス医学研究財団は、未曾有の超高齢化社会を迎え、今後ますます増加が懸念されるがんや生活習慣病などの疾病に対応すべく、高度な先進医療、予防医学、こころのケア、トランスレーショナルリサーチの4分野を主たる取り組み領域とする『メディポリス指宿』プロジェクトを推進し、その実践の場として、メディポリス国際陽子線治療センターをはじめとする様々な施設を立ち上げてまいりました。

『メディポリス指宿』プロジェクトの目的は、患者さんを苦悩から解放し、人々の健康増進に寄与することです。
市民、県民、国民に開かれた医療リゾート地として、一人でも多くの健康を願う方々にとって『メディポリス指宿』が、がんや生活習慣病の予防・治療拠点たらんことを目指しています。
医師、医学博士(鹿児島大学)、密教学修士(高野山大学)
株式会社新日本科学 代表取締役会長兼社長兼CEO、学校法人ヴェリタス学園理事長。
聖マリアンナ医科大学客員教授、高知大学医学部臨床教授、高野山大学客員教授、米国メリーランド州立大学客員教授、東京医科大学客員教授、中国煙台大学客員教授、聖マリアンナ医科大学評議員、鹿児島大学経営協議会外部有識者委員を歴任。

American College of Toxicology (Full Member)、Faculty of Pharmaceutical Medicine of the Royal Colleges of Physicians of the United Kingdom (Fellow) 、American Society of Toxicology (Full Member)、American College of Clinical Pharmacology (Full Member)、日本予防医学会 (常任理事)、日本臨床薬理学会 (評議員)、日本毒性学会 (評議員)、日本薬理学会 (評議員)、日本製薬医学会 ( JAPhMed ) 会員、一般財団法人 難病治療研究振興財団(理事)を兼務。
全国労働基準関係団体連合会『ゆとり創造賞』、日本経済新聞社(国土庁共催)『地域活性化貢献企業賞』、鹿児島商工会議所『産業経済賞大賞』、南日本新聞社『第54回南日本文化賞 産業部門』を受賞。中華人民共和国広東省高要市『名誉市民称号』拝受、駐日ブータン王国名誉領事を拝命。
著書に「大切にしたい 働くこころ ?その尊き力-」、「“幸福の国”ブータンに学ぶ 幸せを育む生き方」(同文館出版)、「新・資本主義宣言、7つの未来設計図」(毎日新聞社、共著)がある。
Copyright(c) 一般財団法人メディポリス医学研究財団 All rights reserved. | 情報公開 | 個人情報保護方針 | リンク |